Psychedelic Pain News

<< スチール撮影レポート!右近健一編 | TOP | スチール撮影レポート!橋本じゅん編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


posted by スポンサードリンク | - |
スチール撮影レポート!菅原永二編
撮影レポート第10回は、菅原永二さんです!

 菅原永二


 森雪之丞さんと布袋寅泰さんのタッグ。そして、いのうえひでのりさんの演出。出演の話をいただいた時、率直に嬉しいなと思いました。
いのうえさんの自分で動いて付ける演出は相当面白いっていう噂は聞いていたんですが、まさか自分が受けられるとは。楽器も弾けなければ歌も……な自分を、この「ロック・オペラ」に呼んでもらえたことがまた嬉しくて。音楽劇に出たのは、松尾スズキさん作・演出の『女教師は二度抱かれた』の1回だけ。音楽劇と言っても、自分はスナックという設定のシーンで、カラオケで1曲歌わせていただいただけだったんですが。
(橋本)じゅんさん、右近(健一)さんとご一緒するのも今回が初めて。自分が知らないところに参加してみたいというか、やったことのない新しいことに挑戦したいという意識が、最近すごく強くなっている自分としては、今から楽しみで仕方がないです。


菅原永二


 年齢の順で言えば、この中ではじゅんさんと右近さんの次なんですよね。三宅健さん主演の『ラブリーベイベー』に出た時は最年長だったので驚きましたが、もうそういう年齢になったんですね。今回もフレッシュな人たちが揃っていて楽しみ。
まあ、いのうえさん演出に初参加の自分もフレッシュということで(笑)。


菅原永二


 台本を読ませていただいて、ダンスが結構たくさんあったのでビビりました。アンサンブルができないほど、踊りが独特だと言われていて……。
それに、ちょっとボケる場面があるんですけど、プロデューサーから「そこ、爆笑でね」と言われたんです。「いや、僕は爆笑とれないでしょう? どちらかと言うと、くすりと笑わせるタイプですよ」って返しましたけど(笑)。
じゅんさんとコンビのシーンがほとんどなので、まずはじゅんさんと早く打ち解けたいです。


菅原永二


 この作品は雪之丞一座の最初の公演じゃないですか。雪之丞さんの台本、布袋さんの音楽、いのうえさんの演出、そしてフレッシュなキャストと、じゅんさん右近さんなどベテランの方々……そのすべてがどう混じって、どんな科学反応を起こすのか、僕自身もとても楽しみにしています。
すごく素敵な作品にしたいと思っていますので、ぜひぜひ足をお運びください。


文:金田明子

次回は、橋本じゅんさんです。






posted by Psychedelic Pain | REPORT |
スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | - |